新しい職場に慣れる方法とは

新しい職場に慣れる方法とは

無事に転職が成功した後も、新しい職場に慣れる為には多少の時間がかかります。もし、なかなか新しい職場の仕事に慣れないとなると、結果的に忙しくなり習い事をする時間も気力も失ってしまいます。ここでは、新しい職場に慣れる方法について紹介していきます。

まずは名前と顔を覚える

まずは新しい職場で打ち解ける為に、座席表を手に入れて同僚や上司の名前と顔を早めに覚えましょう。そして用がある際は必ずその相手の名前を呼んでください。これだけで距離をグンと縮める事ができ、相談や質問がしやすくなる事で結果的に仕事を早く覚えられます。また、新しい環境に身を置くとどうしても「自分を知ってもらわなければ」と考えがちですが、こちらからの積極的なアピールに相手が抵抗を示す場合もあります。ですので、自分を知ってもらう努力の前にまずは周りの人を覚える事から始めましょう。そして徐々に相手の雰囲気や性格に応じて自分についてアピールしていけば良いのです。
中には前職の地位や役職にこだわりを持ったままの人がいますが、新しい職場に転職した直後は新人同様です。年齢や職歴にこだわらず、この職場において周りは皆先輩であるという事を忘れずに接してください。

仕事と人間関係の割合

新しい職場に慣れるには時間がかかります。その中で、職場の人間関係が良好であればあるほど仕事に慣れるまでの時間を短縮する事ができます。なのでできるだけ早めに良好な人間関係を築き上げる必要があるのですが、転職したばかりの頃は新しい仕事を覚えるので手いっぱいになってしまい、人間関係の構築まで考える余裕の無い人もいるでしょう。
無論、転職したばかりで覚える事が多い中で人間関係の構築にも全力で取り組むというのは無理です。ですのでまずは、仕事80%・人間関係20%くらいの割合で取り組んでいきましょう。仕事に慣れていって徐々に余裕ができてくれば、仕事50%・人間関係50%というふうに調整していけば良いのです。

飲み会も効果的

また、早く打ち解ける為のコツとして勤務時間外の時間を活用するという方法もあります。仕事に慣れるまでは当然仕事に注力しなければなりません。ですがそのような中でも、仕事終わりに飲み会などに誘われた際はぜひ参加してみましょう。飲み会での会話というのは早く打ち解ける為に非常に効果的です。そこで先輩から仕事のコツなども聞けるかもしれません。
もしかすると先輩も意外な習い事をしているかも知れませんし、自分がやっている、あるいはやりたいと思っている習い事の話から意気投合するかもしれませんよ。

習い事を始めたいあなたにオススメの記事